2016/09/6

森大雅 作陶歴

taiga-hp

 

森大雅 作陶歴

 

年代

 

森大雅 作陶略歴

 

1974年 岡山県備前市伊部生まれ

 

2000年 陶芸センター卒業

祖父、風来の窯を継承

 陶彫を木村玉舟に学ぶ

 ヨーロッパへ、焼き物をテーマに遊学

 

2001年 陶美土里にて東京初個展。

祖父、風来の窯を、自分で後半分を修復する。

 

2005年~ 松屋銀座にて8回の個展

岡山初個展

 

2006年~ トルコ アバノス村へ陶芸交流

トルコ キュタフィアへ陶芸視察

山陽新聞カルチャー講座にて備前焼講師

 

2008年 軽トラックに乗る極小の移動式穴窯を作り焼成

岡山高島屋地下正面ウィンドウに窯と制作過程と作品を展示

 

2009年 博多大丸にて2人展

移動式穴窯を展示

タイ チェンマイへ陶芸視察

 

2010年 ネパール バクタプル村にて陶芸交流

 

2011年 博多大丸にて個展

ドイツマイセンの女流陶芸家を3週間自宅と工房にて、備前焼の指導。

備前焼陶友会 販路開拓委員会 海外販路開拓班副部長として備前焼の海外へのアピールを担う

 

2012年 松屋銀座・岡山天満屋・神戸大丸・大阪にて個展

 

2013年 ANAGAMA de BIZEN PROJECTに参加。

フランスにて備前式の穴窯を作る。

アドリアン・デュブーシェ国立陶磁博物館(リモージュ)にて講義・展示

 

2014年  2か月かけてアメリカ(カリフォルニア~ニューヨーク)を横断
 アイオワとニューヨークにて展示会アイオワの陶芸施設にて備前式の窯焚きの指導
2015年 備前市活性化事業「備前焼アートプロジェクト」への参画