2016/09/6

森泰司 作陶歴

森泰司 作陶 略歴

 
昭和22年

備前焼窯元六姓 寺見家の直系 森宝山窯の長男に生まれる

昭和42年

岡山県陶磁器指導所(備前陶芸センター)

第一期生として研修

 

昭和42年 岡山県美術展覧会 岡山市長賞

 

昭和45年 岡山県美術展覧会 県教育長賞

 

昭和46年 日本陶芸展 入選(入選12回)

 

昭和48年 中日国際陶芸展 入選(入選6回)

 

昭和49年 日本伝統工芸展 入選(入選8回)

 

昭和51年 東京池袋東武百貨店において初個展 (18回開催、長男敏彰と父子展2回開催)

 

昭和53年 日本伝統工芸中国支部展 岡山商工会議所会頭賞

 

昭和54年 中日国際陶芸展 奨励賞

 

イタリアのファエンツァ国際陶芸展に推薦出品

 

岡山県美術展 奨励賞(奨励賞4回)

 

昭和56年 日本工芸会正会員になる

 

岡山県美術展 奨励賞

昭和57年 朝日陶芸展 入選岡山県美術展 奨励賞

 

昭和58年 不老山(備前市伊部)の山麓に穴窯を築く

 

日本伝統工芸中国支部展 日本工芸会中国支部長賞(支部長賞3回)

 

昭和59年 横浜高島屋において個展 (9回開催)

 

昭和62年 そごう千葉店において個展 (10回開催、長男敏彰と父子展2回開催)

 

岡山県美術展 県展賞

平成元年 陶芸ビエンナーレ’89 入選(入選4回)

 

平成2年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

ニュージーランドのフレッチャーチャレンジ国際陶芸展 佳作賞

 

平成5年 朝日現代クラフト展 招待出品日本伝統工芸中国支部展 入選

 

平成7年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

広島県神石郡神石高原町(旧・油木町)に芸術家村構想を提案する。

 

平成十二年、仙養ヶ原のアトリエゾーンに工房と窯を新設

 

平成10年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

岡山県美術展委嘱出品になる

 

平成11年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

陶芸ビエンナーレ’99 グランプリ

 

平成12年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

岡山芸術文化賞 グランプリ

 

平成17年 日本伝統工芸中国支部展 金重陶陽賞

 

平成22年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

平成23年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

伝統的工芸品産業功労賞 (中国経済産業局長賞)

 

平成24年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

日本陶芸美術協会会員になる

 

平成25年 山陽新聞賞(文化功労)日本伝統工芸中国支部展 入選

 

陶美展 入選

 

備前市指定無形文化財「備前焼の製作技術」保持者に認定される

 

平成26年 日本伝統工芸中国支部展 入選

 

陶美展 入選

 

平成27年 陶美展 入選

 

日本伝統工芸展 入選

 

平成28年 陶美展 入選