2017/07/23

Natural Way of Living

Eco-friendly Products

 

20世紀、世界経済が成長するに伴い、地球環境はあらゆる形で破壊されてきました。人々の生活を豊かにしていくことが、自然を搾取するようになってしまったのです。しかし、21世紀に入り10年以上が過ぎた今、人々の生活を豊かにしていくことと地球環境に配慮することは、必ずしも反しないことがわかってきました。

 

その共存の在り方の一つが、ライフスタイルとしてのナチュラルな生き方です。つまり地球環境に配慮した商品を選択していく消費の在り方、のことを指します。現在、先進国では、「最大化よりも最適化」・「化学肥料よりもオーガニック」・「工業製品よりも手工芸」など「ナチュラル」というキーワードを基に、地球環境へ配慮することはもちろん、自然本来の営みを振り返る生き方が脚光を浴びています。

 

 

Finiteness and Sustainability

 

全ての資源は、有限です。ダイヤモンド・レアアースはもちろん、人々の生活を豊かにしている石油も常に有限です。また、原子力は人の手に負えないことがわかり、世界中で、エネルギーの転換を余儀なくされています。

 

私たちはこのことを決して忘れてはいけません。様々な公害から得られた教訓は、たった一つです。それは、一つの資源に求めすぎてはいけないということです。持続可能な社会をつくっていくためには、様々な資源を多様にバランスよく利用していかなければならないのです。

 

 

 

Standards in the 21st Century

 

世界中の人・モノ・金・情報が瞬時に移動するグローバリゼーションにおいて、共存共栄をテーマに、私たちは、よりスマートな生き方を迫られています。

 

そのなかで、わたしたちが最も自由であることを証明できることのひとつに、消費スタイルがあります。わたしたちは、インターネットで世界中の商品を購入することができるようになりました。そのときに、自分の意思を持って購入することが、自由意志を確立した自己の在り方と言えるでしょう。

 

いま、わたしたちは、どんな想いで作られた商品であるか、をインターネットによって知ることができます。環境の配慮した商品づくりが好きな消費者は、そのようなビジネスを行っている企業を積極的に応援していくことが可能な時代になったのです。

 

これから、ナチュラルな価値観に基づいた商品を選択していくことがスマートだとされる、つまり、ナチュラルなライフスタイルがスタンダードとなる時代はそう遠くないでしょう。